TOP TOAHOMEの家 TOA品質 耐震構法 SE構法 屋上庭園

耐震構法 SE構法

SE construction

優れた耐震性X自由度の高い空間
木造でも鉄骨に負けない強靭な家

あなたの家は、必ず1度は地震に見舞われます。

世界の全陸地のわずか1/400の日本列島に、世界中のマグニチュード6以上の大地震の、実に22%が集中しているといわれます。日本は太平洋、北アメリカ、ユーラシア、フィリピン海の4つのプレートの境界面に位置し、約2,000もの活断層に囲まれています。これらの活動の活発化によって、日本にこれから建つ住宅は、確率的に一度は大震災に会うものと想定されています。建てる側にも、住まう側にも、それを見越した家づくりが求められています。

誕生のきっかけは、阪神淡路大震災。
幾度の地震に耐え、進化し続けるSE構法。

1995年の阪神淡路大震災では、6,400人※を超える犠牲者の方々の89%が、家屋の倒壊によって亡くなりました。住む人を守るはずの家が、人を傷付けてはならない。こうした思いがSE構法の誕生に結びつきました。
そして2011年3月11日。東日本に、マグニチュード9.0の大地震と大津波が発生しました。未曾有の災害に遭遇したSE 構法の建物は1,227件。中には高さ7.5mの津波の直撃を受けた建物もありました。しかしすべての建物は震災に耐え、構造被害ゼロが確認されたのです。
※兵庫県「阪神・淡路大震災の死者にかかる調査(平成17年12月22日記者発表)」

構造計算チェックポイント。

建物を総合的に計算し把握してから、建物と一体となっている基礎の計算を行います。
A.解析  B.基礎計算。その後、1.鉛直荷重 2.風荷重 3.地震荷重の3点それぞれについてC~Eをチェックしていきます。

耐震構法SE構法は株式会社エヌ・シー・エヌの構法です。
詳しくは公式サイトをご覧ください。http://www.ncn-se.co.jp/

SE構法だからできる1/500以上のたわみも保証。

安全性を担保した構造躯体に対して「SE住宅性能保証書」を全棟発行。水平部材に1/120以上の傾斜、床・梁など通常荷重下での1/500以上のたわみ、柱壁の鉛直部材の1/120以上の傾斜、という厳しい基準のもと、基礎・構造躯体とそれを構成する金物に起因する建物の損傷を保証しています。

引き渡しから10年。さらに最長20年までの構造性能を保証。

SE住宅性能保証制度は、基礎と構造躯体、金物が原因で住宅の損傷が起きた場合、SE構法が登録施工店を通じて、お客様の住宅を保証するという制度です。完成引き渡しから10年間無償保証。10年経過後に指定された検査メンテナンスを行うことにより、さらに10年間の保証延長が可能です。

SE構法の住宅はこれまでに1万棟以上建てられてきました。
現在に至るまで、事故は1件も起きていません。

木造でありながら、自由度の高い空間を実現。

「SE構法」が自由度の高い空間を実現できる最大の理由は、その「ラーメン構造」という構造躯体の接合部の考え方にあります。重量鉄骨造のような「柱」と「梁」が強固に接合されている「ラーメン構造」では、筋交い以外の構造躯体で耐震性を高められるので、家の中に柱や壁が少なくても地震に強い家となるわけです。「SE構法」は木造でありながらその接合部に特殊な「SE金物」と「Sボルト」を使って、ラーメン接合の強さを持つことが可能となっています。この強みを生かして、木造住宅でも自由度の高い空間設計を可能としているわけです。
「地震に強い家」=「開放的な空間の家」を実現しています。

SE構法は、構造的に必要な柱や壁が少なくても耐震性の高い空間が実現できることが大きな特徴です。また、最大9mのスパンを飛ばすことも可能です。
よって「30畳を超えるLDK」や「その階全てが仕切りのないワンルーム空間」のような「開放的な大空間」が実現可能となります。更に、横の広がりだけでなく、天井高を高くして上にも広がり感のある空間も安全に設計できます。これは、住まいとしての活用に限らず、店舗併用や事務所併用などのケースでも威力を発揮する特徴です。
また、最低限の構造壁で基本の設計をしておけば、部屋と部屋の区分けを「構造上動かせない壁」で仕切ることが必要なくなります。その区分けを建具で仕切ったり、家具で仕切ったりというようなことも可能となります。たとえ表面上は壁にしておいたとしても、構造的に必要のない壁ですので将来的なリフォームを簡単になります。この考え方は「スケルトン&インフィル」という設計手法で、長期的に家づくりを考える際にとても重要な考え方になります。
「開放的な空間設計」と「安心の耐震設計」を両立できるのが「SE構法」なのです。