TOP ブログ 写真の次はTV

ブログ

09.03写真の次はTV

新学期になりました。朝晩は過ごしやすくなりましたね。お変わりないでしょうか?

連日??正円寺の新しいモデルのネタをアップしてますが、こんな風に新しいモデルができると仕上げから、家具などのセッティング、写真撮影、TV撮影などなど次々とこなしていかなくてはいけません。もちろんその一つ一つに、様々な準備や打ち合わせなどなどがあり、やることが目白押しで楽しい~。

昨日はTV撮影が行われました。今回の出演は満を持して??宮本の登場です。

DSC_3304

うちラボの撮影はもちろん台本も何もなし、ぶっつけ本番です。私も前回出演しましたが、いざカメラが回りだすと、何を言うんだったか忘れちゃう~。

DSC_3308

今回の撮影はとってもスムーズでした。私は吹き抜けから高みの見物。DSC_3306

このモデルは宮本の設計なので、説明も的確スムーズ。前回の撮影とは比較にならないスムーズな撮影でした。それでも2時間半くらいはかかります。実際の放送時間は10分ほどなので、ここにも画面からは見えない手間と労力があります。

先日撮って頂いた写真も出来上がりました。ちょっとご紹介。

CHI_0094

間接照明が柔らかく広がるリビング。今回の宮本の照明プランは出来るだけダウンライトを少なくしたプランです。ちょっと前は家全体ダウンライト、なんて家もありましたが、LED照明の価格がかなりお安くなってきたこともあり、間接照明やペンダントなどインテリアをより引き立てる照明器具が主流になりつつあります。光源が直接見えないので、空間が柔らかく上品な仕上がりになり、とてもオススメ。ただ、建築化照明は設計の段階で計画する必要があり、計画の早い段階で打合せする必要があります。また、直接照明ではないので、照度や、反射する内装の仕上がりなど経験が必要な分野でもあります。けれどもその効果は絶大。インテリアのグレードが3ランクくらいアップします。

って、照明のこと書き始めるとだんだんクドクなってくるヤナギハラです。けど、インテリアの印象を決定づける大きな要素なんです。そんなこんな・・・

CHI_9938

寝室は低い位置にペンダントが下がっています。光源が下がると太陽の位置関係と一緒で、ヒトの体がだんだん休息へ向かうようになっています。ので、寝室の低い位置の照明はとってもオススメです。また、色も大切。この写真はちょっと黄色が強く写っていますが、普通の電球色。寝室の照明は間違っても昼白色にしたらダメです。良い睡眠の妨げになってしまうかも!

って、またクドクなってきた・・・。

CHI_9857

朝のイメージの写真にはサイトウも登場。この写真はよくある??黒と白のインテリアのようですが、実際は床はサンゴ石調のグレージュ、建具やキッチンも優しいブラウンです。写真ではうまく伝わらないのが残念・・・。ぜひ、実際の物件を見にお越しください。

家具は以前にブログにアップしたIKEAですが、そうとは思えないほど、グレード感があります。インテリアで一番大切なのは調和です。すべてのマテリアルのグレードが調和していると、ステージは数段アップします。グレード感がバラバラだと、残念な感じに・・・。ファッションでもお財布だけヴィ〇ンみたいな・・・?悲しい感じになります。

IMG_6065

こんなウォールデコも実はIKEAとDAISO・・・。インテリアはお値段は二の次です。

まだまだご紹介したいところがありますが、今日はこの辺で。

IMG_6003

サイトウこっちにも登場。

インテリアのことばかりくどく書きましたが、もちろん機能性も備わったモデルです。屋上庭園もあり、太陽光にも対応したハイブリット住宅。熱交換換気システムも備わった、ソフト、ハード、両方兼ね備えたTOAHOMEのオススメモデルです。

TVは9月10日放送、9月17日~19日の3連休にグランドオープンです。ぜひ、お誘いあわせの上、足をお運びくださいませ!!