資料請求 家づくり相談会

concept

conceptありふれた日常を、素敵に。快適に。

喜びをカタチにすること

ほとんどの方が初めての家づくり。決めることがいっぱいで、悩むことも多いはず。
私たちは、お客様と共に”ゆっくり・じっくり・しっかり”考え提案し、それぞれの想いを丁寧にカタチにします。住宅会社では珍しい程、建てていただいたお客様からの御紹介が多いのはこういった理由からかもしれません。これからも喜びの連鎖を大切にしていきます。

喜びをカタチにすること

次世代基準の性能に快適性を+

永く住み続ける家だからこそこだわりたい性能数値と快適性。
私たちは最高等級といえるHEAT20G2グレードを基準とした家づくりを行っています。しかしながら、次世代基準の性能を持つことだけでは暮らしやすく快適な家になるとは限りません。
大切なのは、その性能を十分に発揮できる間取りや設計になっているかどうかです。私たちはその性能と快適性の両立を可能にする設計手法こそパッシブデザインだと考えています。
春や秋は心地よい風を取り込み、夏は暑い陽が入らないように遮る。
冬の晴れた日は、大きな窓から暖かい陽が快適な室温にまで暖めてくれる。
人の持つ五感や感性が満足してはじめて快適性は満たされると考えます。

次世代基準の性能に快適性を+

変わらない価値を持つこと

地震大国日本に暮らす上で欠かせない安心と安全。
それは高耐久性と高耐震性を併せ持った住宅であると言い換えることができます。
TOAHOMEの家づくりは全棟長期優良住宅、耐震等級3を基本とし、耐震構法SE構法では全棟構造計算をおこなうことで高耐震性を確保します。
また、アフターサービスの重要性にも目を向け、末永くお客様の暮らしに寄り添う事で年数を経過しても安心して暮らしていただけることも大切な価値だと考えています。

変わらない価値を持つこと

人と技術を育むこと

自分たちの手で大切につくり、守り続けたい。
建設業界において、職人を直接雇用する事は非効率的な事だとされ、ほとんどのものづくりはアウトソーシング(外注委託)で行われます。私たちは大工さんを自社で雇用し、次世代の若手大工さんも育成しています。「ものづくりは人づくり」の考えの下、大工さんの素晴らしい技術を次世代に継承させるという本質的な必要性に目を向け、末永くお客様の暮らしに寄り添う責任を担っていきます。
弊社グループでは、150人を超える大工・左官・内装の職人さんを直接雇用、育成しています。長年の育成の結果、技能五輪全国大会のグランプリ受賞者を輩出するまでに至りました。人と技術を育むことは地域社会への貢献であると考え、地域に活かされている会社であることに感謝し、これからも人と技術を育み続けます。

人と技術を育むこと

営業日カレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29