資料請求 家づくり相談会

staff-blogブログ

雑学!?

2017.04.08

TVのクイズ番組で、普段仕事で行っている内容から出題させることがあります。

 

たとえば不動産に関する事、インテリアに関する事、建築に関する事などなど・・・。

 

 

先日雑学王を見ていると、こんな問題がありました。

 

 

Q:エアコンの表示で8~12畳となっている理由とは?

 

やくみつるさんの答えはこうでした。

 

やくさんA:8畳が洋間で、12畳が和室。

和室の方が天井高が低いので洋間よりも広くても対応できる  みたいな・・・。

 

完全に間違っていますよね。

 

 

答えはこう

A:木造が8畳で鉄筋コンクリート造(RC造)が12畳

一般的に木造気密性が低く、RC造は気密が高いので、

同じ能力のエアコンなら対応できる広さ(畳数)が変わるということです。

 

 

一般的には上記のようなことですが、TOAHOMEの住宅は手前みそですが、

気密性が高くRC造に匹敵する程です。(気密測定実験データより)

 

ということは、能力の小さいエアコンでより広い部屋に対応できます。

つまり、お家自体が省エネなんです。

光熱費も抑えられます。

 

光熱費を抑えられるといえばパッシブデザイン。

 

これはまたの機会にふれてみましょうか。

 

 

hssy

営業日カレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30