資料請求 家づくり相談会

staff-blogブログ

〇〇のない家!?

2022.11.17

この住宅(在来軸組工法)と

この住宅(耐震構法SE構法)

在来工法にはあって耐震構法SE構法にはないもの

 

それはズバリ筋交いです!

 

何っ?て感じですかね。

在来工法は、壁で支える軸組構法

耐震構法SE構法は基本、梁と柱で支える木造ラーメン構法(一部耐力壁あり)

 

耐震構法SE構法のほうが圧倒的に柱の数が少ないのがわかります。

 

柱が少ないメリットは

広い空間や大開口がとれ、間取りの自由度があがります。

将来的な間取り変更の可能性が高い(スケルトン&インフィル)

 

柱が少ないデメリットとして「耐震的に弱いのでは?!」と、思われる方もいると思いますが違います。

柱が少ないのに高耐震住宅です。

 

秘密は

こんな金物や

こんな金物

 

SE構法の耐震性能が高い理由は、👆のような金物にあります。

●柱と梁の接合部の断面欠損が少ない

●柱の引き抜き強度が強い

●強度が高く品質の安定した【構造用集成材】を使用

●構造計算を行っている

上記のような理由により木造でありながら、自由度の高い空間を実現できます。

 

優れた耐震性能×自由度の高い空間

両方を兼ね備えた最先端の木造技術

11月19日(土) 20日(日)

TOATOWN北斎院Ⅲで耐震構法SE構法の構造見学会を開催します。

ゆったりとした平屋です。

約34帖のLDKには4.8mの大開口サッシと12.5帖の勾配天井。

ぜひ、ご来場お待ちしております。

 

日本の家を100%耐震に。

TOAHOMEは耐震住宅100%実行委員会のメンバーです。

地震災害に強い安心できる暮らしの実現に向けて、確かな耐震技術に基づく住宅の普及を推進していきます!

営業日カレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29